132566388

毎年、その日が来ると、秋薔薇とかすみ草の花束を買い、小さな仏壇の前に供えるのが松下和泉の習慣になっている。一人娘の桜子が、いじめを苦に自殺したのは、もう30年も前のことだ。まだ中学一年生だった。今日は桜子の、生きていれば43回目の誕生日だった。

制服を着て、友達と並んで写っている桜子の遺影は、屈託のない笑顔を浮かべている。あえて両側を友達に囲まれていて、制服を着て微笑んでいるこの写真を選んだのは、桜子がいじめにあっていた事実を認めたくなかったという親のエゴだったかもしれない。

小さい時からおもちゃも着るものもふんだんに買い与えた。愛情も目一杯注いで育てたつもりだ。テーマパークにもよく連れて行ったし、夏休みには海外にも親子で旅行して、思い出を作った。毎日の食事も和泉が体に良くて美味しいものを考えて、一生懸命手作りした。和泉は桜子が3歳の時に夫と離婚して、シングルマザーだった。比較的給与の良い大企業に勤めていたおかげで、経済的には恵まれた母子家庭だった。

親の離婚が桜子の心にどう作用したのか、和泉は気になって仕方なかった。離婚した当初は、夫の浮気に耐えられず、自分も大手企業の正社員だったので、夫と別れて、桜子を女手一つで育てる自信があり、離婚に踏み切った。しかし、男親の必要な時期もあり、その時には離婚したことを後悔したこともあった。夫が家庭にいれば、あの子は自殺したりなんかしなかったのではないだろうか。それを考える時が一番辛かった。

夫の後藤圭一は、小さな建設会社を経営する社長だった。商売にはそれほど欲がなく、しかし商才はないわけでもなく、会社は不景気にも負けず存続して、女房子供を食べさせるには十分な稼ぎがあった。和泉は、夫が浮気さえしなければ、何も文句はなかった。しかし、和泉より五、六歳も年下の銀座のホステスに入れあげて、着物や宝石を買ってやったという証拠を掴み、耐えられなくなって離婚した。夫の浮気を思うと、まだ幼い桜子が不憫だった。桜子の寝顔を見ながら涙を流し、離婚を決意したのだった。

玄人さんに入れあげたぐらい、私が我慢すればよかったのかもしれない。和泉は今でも自分を責めていた。圭一がいれば、桜子は死ななかったかもしれない。

桜子は友達がいないわけではなくて、大人しいタイプだったが、いつもそばに気の合う同性の友達がいて、仲間外れになったということは、本人の口からは聞いたことがなかった。父親が3歳からいなくて、寂しい思いをしていたのかもしれないが、和泉も精一杯の努力をして育てていた。寂しいなんて言わせない、そう思いながら育てていたのは、実は正直なところだった。

桜子は、自分の部屋で首をベルトで吊って亡くなっていた。第一発見者は和泉だった。そばにノートがあり、遺書らしいメモ書きが書いてあった。

『お母さん、ごめんなさい。いじめにあってたって言えなかった。お母さんが悲しむと思うと言えなかった。うちはシングルマザーだから、お父さんに会いたい気持ちも隠してた。もう、疲れました。意地悪する子がいたとしても、私の負けです。私はこうやって自殺して逃げるんだから。学校に行きたくないだけじゃないの。もう、私なんか生きていけないくらい、人生は苦しみに満ちているんだと思う。自信がないの。ごめんなさい。』

和泉はこの遺書を読んだ時、動転して、この子の後を追って自分も死のうと思った。そして、包丁を握り、手首に当てたとき、携帯電話が鳴った。途端に我に返り、警察に通報することを思いついた。そして、学校にこの子をいじめた子がいることを認めさせなければいけないと、思いついた。いじめを野放しにした担任の教師にも謝罪させなければいけない。この子の仇をとってやらなければいけない。何より、いじめていた張本人の子供の顔をみて、睨みつけてやる。

和泉は警察に通報した。警察はすぐに無灯のパトカーでやって来た。住宅地で目立ってはいけないと、気を利かせてくれたらしい。

警察官が桜子の遺体を見て、写真を撮り始めた。和泉は泣き崩れて、婦人警官に慰められていた。驚くのが、警察は第一発見者の和泉を、まず、犯人の可能性がないか、調べるという。和泉は泣きながら、

「私が殺したっていうんですか?いいですよ。どこへでも連れて行ってください。死んでやるから。この子がいないなら、私なんて生きていても仕方ないんです。」

警察官は、あまりにもひどいことを言ったと、丁重に謝り、桜子の首にある痣を見て、ベルトでできたものに違いないと言い出した。そして、ベルトを手袋をした手で掴み、証拠品として押収した。

和泉と同じ歳の頃の婦人警官は、和泉を気遣って、特徴のあるへの字の眉毛をさらに歪めて、気の毒そうに、そして専門家らしくこう言った。

「今日はお一人でこの家に居ない方がいいです。誰か近くにご親戚とか居ませんか?お連れします。」

和泉はぼーっとしていた。桜子の遺体から離れたくない。でも、この婦人警官の言うことは正しいと思えた。

「………. はい。両親が海老名にいます。そこへ行きたいです。電話してみていいですか?」

婦人警官は、

「警官から電話しましょう。その方が良くないですか?」

「はい。お願いします。」

海老名の両親は警察からの急な電話に、驚いて茫然自失だった。そして、涙に暮れた。そこへ、和泉が覆面パトカーに乗って到着した。

「和泉!」

「お母さん、どうしよう、私、どうしよう。」

「桜子ちゃんは、お体はどこ?」

「今夜は警察に任せなさいって言われた。色々家の中取り調べとかあるみたい。」

護送してくれた婦人警官は、名刺を見せて、

「お亡くなりになった方については、明日、ご遺体をお返しします。解剖の必要はないと連絡がありました。申し上げにくいことですが、自死されたのです。」

「………… そうですか……。」

「明日、朝10時にお迎えにあがります。警察の車両でおうちまでお届けします。」

(下につづく。)

下のアドレスをクリックしてくださると嬉しいです。

<a href=”https://blog.with2.net/link/?1994529″>人気ブログランキングへ</a&gt;